診療案内

 こんにちは!!北田です

先日、愛犬(ピノくん)のスケーリングを行いました。

⚠️  わんちゃんに多い歯周病、歯周病の原因として歯石の付着が挙げられます。

一度歯石が付いてしまうと歯ブラシでは取れません。

全身麻酔下でのスケーリングが必要となります。

スケーリングの頻度は、歯石の付着の程度によりますが、年に一度のスケーリングが推奨されています。

 

    1️⃣ 術前検査

わんちゃん、ねこちゃんのクリーニングや

治療を行うには全身麻酔が必要です。

より安全に実施できるように血液検査• 超音波検査など必要に応じて事前に検査を行います。

 

         

今なら秋の健康診断キャンペーン を       

9月〜12月15日まで行なっており、通常の半額で検査が受けられます。

 

  2️⃣全身麻酔下での歯科レントゲン

無麻酔では口の中の検査は難しい為、麻酔をかけて歯科レントゲンの撮影を行い歯根部の状態を確認します。

これにより抜歯が必要か温存できるかを決定します。

 

 

 

3️⃣プローブ検査

このような器具を使い、1本1本歯周ポケットの深さを測定します。

 

 

 

 

 

 

4️⃣スケーリング

 

超音波スケーラーを使い歯の表面に付いた歯石を除去します       

               

    

                 

              

 

 

 

   5️⃣歯周ポケットのケア  

        (ルートプレーニング・キュレッタージ)       

歯と歯肉の隙間に入り込んだ歯石汚れセメント質などを除去します。   

               

       

   

 

 

 

 

  6️⃣ 歯面の研磨(ポリッシング)

小さな傷が歯の表面に付着していてそのままにしておくと歯石が溜まりやすくなるので歯の表面をなめらかにする為に研磨を行います。

                                         

 

 

 

 

📌スケーリングを行いこんなに綺麗になりました🌟

Before  ⏬⏬⏬        

 

After  ⏬⏬⏬

 

🐾 歯周病の予防に最も重要なのは、おうちでのデンタルケアです。

治療を行った後も放っておくとすぐに新たな歯石・歯垢が溜まってしまいます。

まずはお口を触らせることに慣らしていきましょう🔰             

                      🔺 歯肉の腫れや出血

                       🔺歯の汚れ

                       🔺口臭

                       🔺物を食べずらそうにする  など

わんちゃん、ねこちゃんの歯についてお困りの事がございましたらご相談下さい。

今回ピノくんの奥歯が思ってたより汚れが付着していたのでより奥を重点的に歯磨きしたいと思いました🌟

これから歯磨きの成果を随時報告したいと思います🐶💯

 

2018年9月18日更新